投稿 Posts by: "上野萌也"

マーケティングゼミ対抗ディベート(2年)

12月7日(土)、明治大学にて開催された、マーケティング対抗ディベートで3位入賞いたしました。先輩方のように優勝はできなくて悔しい思いをしましたが、とても貴重な経験をいたしました。 大塚ゼミが出場した試合結果は以下の通りです。 論題:アパレルEC化率は5年後までに20%を超えるか否か是側:大塚ゼミ0× vs 否側:明治大学菊池ゼミ5〇【試合内容】是側は、ファッションは多種多様の楽しみ方や購入方法があるため、ECでトレードオフの解消が出来ることを軸に消費者ニーズに対応できることと、ECサイトを構築する上で必要な環境がどんどん整ってきていることから日本に適応した形で普及していくことを主張した。対して否側はECでの購入はサイズや手触りがわからないといった知覚リスクが消費者の不満として大きく取り上げられ、その不満が解消されにくいことやBtoC以外のメルカリやラクマといったCtoC市場、DtoC市場が発展することで個人の購入方法の選択肢が広がるため急激にBtoCが伸びることは無いと主張した。【コメント】今回のお題で難しかったのは、数字の面です。いかに論題の設定数値を超えるということを証明出来るのか。数字に伴う根拠、それらを上手く反映させてストーリーを考える。そういったところがまだまだ勉強不足だと感じました。しかし、チームで約数ヶ月一緒に頑張ってきた中で、意見を出し合ったり細かく情報を調べたり足を使ったりといったこれからも活かせる部分もたくさん得ることができた期間でした。今回の試合の結果はとても悔しいものになりましたが、試合を通して自分に足りなかったものや反省すべき点が多く見つかったので次の試合では悔いのないように全力で挑めるようさらに頑張っていきたいと思いました。 論題:すき家、吉野家、松屋の牛丼三社は、今後高価格商品の推進によって営業利益率が上がるか否か是側:竹内ゼミ1× vs 否側:大塚ゼミ4〇【試合内容】是側は、企業側として価格商品にかかる販管費、特に研究開発費は0.01%しか追加で増加しないことや薄利多売なビジネスモデルで一杯の利益率を高められる。顧客側としてアンケートから魅力的な商品であれば既存顧客の多くは購入するため是であると主張した。対して否側は、牛丼店を利用する顧客は安定志向で知覚リスクが高い、高価格を推進し新たな顧客獲得も競合店とニーズが異なるため満たせない。企業側としては食材の仕入れ調達時のコスト増、在庫ロスと機会損失のトレードオフを最小化できないため否であると主張した。【コメント】今回のお題は「すき家」のような一社でなく三社見なければならず情報量が多く主張をまとめることに苦戦しました。議論がヒートアップしてしまうときもあったけど、それだけメンバーの思いが熱かったと感じます。実際に牛丼店の利用者、競合店の利用者に店頭インタビュー等、足を多く使ったのが印象に残っています。本番私は立論を担当しました。緊張でスピードが速くなってしまいましたが、途中で立て直し、抑揚・強弱を意識して現在のベストを尽くすことができました。尋問は受け答えの曖昧さが今後の課題です。相手さんからも仲間からも学ぶ点が多く、この環境に感謝し今後も成長していきます。 論題:日本企業は国内で競合他社名を表示する比較広告を取り入れるべきか否か是側:大塚ゼミ2× vs 否側:鈴木ゼミ3〇【試合内容】日本でどのような比較広告が行われているか分析していくなかで、比較広告には2つの条件があることが分かった。それは、購買後に商品を他者に伝えたくなる時と企業がコントロールできるプロモーション手段であることである。また、比較広告は、情報化不可の低減、論理的かつ態度にも影響を与えられる、ということを、アンケートや論文を使用し分析し、比較広告の有効性を見つけた。そのため、消費者の態度に影響を与え、かつ情報化不可の低減もできる。さらに、企業は無駄なコストをかけずに購買促進が可能になる。さらに消費者の態度に影響を与え、かつ情報化不可の低減もできる。そのため、企業にと消費者にもメリットがあといえる。よって、日本企業は比較広告をとりいれるべきであると主張した。【コメント】今回、比較広告を出す条件をいかにコンパクトで分かりやすく、かつ具体的に主張出来るかを大切にしていました。情報を集め全て使用することは簡単ですが、多くの使用可能な情報を取捨選択していくことに苦戦しました。いかに自分たちに有利な情報を抜粋し恣意的にならぬようにすることを今後の課題としたいです。また、チームで長期間にわたり、同じ論題について話し合えたことは、とても貴重な経験となりました。今回の反省を次の対外試合に活かし、悔いの残らない試合にする為に、これからも努力していきたいと思います。 最後になりましたが、大切な時間を割いてサポートしてくださった先生、先輩方、ご家族の皆様、本当にありがとうございました。ベストを尽くせた、悔いが残った等、様々な思いを抱いた今大会でした。この経験を糧に成長していけるよう頑張ります。 (記事作成者@2…

飛騨小坂プロジェクト 部内コンペ

5月15日に飛騨小坂町との産学連携プロジェクトの部内コンペが行われました。6チームが発表、その後の2年生内投票により、3チームがしぼられました。 キックオフミーティングで実際に飛騨小坂町を訪問し、見せていただいた小坂町の現状や、「若者をもっと呼び寄せたい」といった問題解決に向け各チームそれぞれ提案を行いました。 <コメント浅井> 初めての産学連携により、企画案がでるまで時間がかかりました。また案が出てからも、その案に実現可能性があるのか、本当に観光客誘致に繋がるのかなどの問題があり、詰まってしまいました。そういう時に先輩方にアドバイスして頂き、議論を進めることができました。今後は、これらの気付きを活かして企画を考えていきたいです。 <コメント木野村> 初めは滝をカラフルにライトアップしようという計画を立てていましたがそれでは自分達だけの力で出来てしまい、周りの企業さん達のと連携が取れないと先生に駄目出しを頂き新しくかき氷の案に変えました。やはり当初は産学連携を初めて行うにあたって何をすべきなのか自分達も今一解っていない状況でした。しかし先生からのアドバイスを頂いた後から自分達で試作品を作り かき氷屋さんに伺い、一緒に試行錯誤して頂くなどして何とか完成させる事が出来、「自分達で行動する」ことの大切さをとても学べました。 まだまだ改善すべき点は多々ある為より良いものにできるよう努めていきたいです。 <コメント竹本> 飛騨小坂にはたくさん魅力があり、初めは何を飛騨小坂の強みとしてPRしていくか悩みました。何回も試行錯誤を重ね、「えごま」を使ったスキンケア商品を開発することにしました。一般に食用でしか知られていない「えごま」を外から取り入れてもらうことが私たちのこだわりです。最初は不安ばかりでしたが、先輩方の丁寧なアドバイスでなんとか形にすることができました。この経験を生かして今後も頑張りたいと思います。 <コメント水上> 初めての産学連携で、仲間と沢山の案を考え、それを支える根拠を探し回りました。小坂を活性化するには何が必要かを考え、実現する上での問題を解決していきました。グループ内で様々な意見があり、何度も話し合いを重ね案を練ることができました。企業と連絡を取り合うという貴重な体験ができました。 <コメント兼山> 常に情報探索でした。良いアイデアをだせたと思っても、飛騨小坂で本当に実現可能なの?という「実現可能か」という所で毎回ひっかかってしまっていたので、小坂の事を深く知るという事に注力して進めました。他にも、誰でも考えられる様な案では企画を考えるうえであまりよろしくないので、僕達は「独自性」という所を意識して情報探索をしました。企画を考えるって難しいですね。常に頭を柔らかくしないと、良い案がでなかったです。それと、やはり情報を多く持っているほど、案がでやすいのかなと思いました。これからも、自分の持っている情報を大切にしていこうと思いました。 集まれ!健康ピーポー!をキャッチコピーにえごまとスコーンを組み合わせた物を提案しました。太りやすいイメージのあるお菓子と健康効果のあるえごまを組み合わせることでお菓子を食べつつ健康になろう!というものでした。飛騨小坂の特産品であるえごまを利用し、販売時に飛騨小坂をPRすることで認知度を高めることを目的としました。 <コメント寺畑> 初めての産学連携ということで、企画を考える際に行き詰まることが多かったです。まず、実際にその提案を形にするうえで、実現可能性を最重要視しなければいけないのが難しかったです。それを踏まえた上で、飛騨小坂の問題点を調べ、それを解決する方法を考える必要がありました。先輩方や先生の要所要所でのアドバイスのおかげでなんとか形にできましたが、企業さんと連携し提案することの難しさを痛感しました。次の企業連携に向けて、この経験を大切にし、自分の糧にしたいと思います。 どのチームも実現可能性と学生らしさを存分に生かしたとても考えられた魅力的な提案でした。 2…

大塚ゼミ春季キャンプ@石川県志賀町

いよいよ春合宿がスタート!! 1&2日目にわたって行われた一夜漬けプレゼン! 一試合目 「フジッコが製造、販売しているカスピ海ヨーグルトの売り上げをアップするためのマーケティングを考えなさい。考える過程では、フジッコがこのヨーグルトを展開する意図についても検討を加えること」 カリブ(日野、水上、木下) vs ビヒダスの丘(兼山、穴水、竹ノ内) 〇結果 カリブ114.11 × vs 〇 ビヒダスの丘 114.89 カリブは親子をターゲットとした販売を考え、薬局や小児科に子供が目に付くポスターを貼ることと、子供が食べやすいような小さいサイズのヨーグルトを作ることを提案。 一方、ビヒダスの丘はカスピ海ヨーグルトを若い男女に売るために、男性には新商品として、パウチ型のカスピ海ヨーグルト味、女性にはパウチ型のカスピ海ヨーグルトを使ったレシピの提供を提案しました。 ☆感想 カリブ1年 眠い中で行った一夜漬けプレゼンは改善点ばかりでしたが、先輩方に助けていただきながら完成することができました。また、非常にたくさんのことを学ぶ良い機会となりました。 ☆感想 カリブ2年 一夜漬けプレゼンお疲れ様でした。初めて夜中に作業をして、精神的にも身体的にもつらかったと思います。みんな最後まで頑張ってくれました。私がもう少しうまく引っ張ってあげられればもっと余裕もできたのかな、と反省することも多くありました。このチームは半年輪読でもお世話になるので、今後も一緒に頑張っていきたいです。 ☆感想 ビヒダスの丘1年 普段何気なく買っているものがどういう意図で、どういった人に向けて販売しているのかなど今まで考えたことがなかったので製作者側になったようで面白かったです。 二試合目 「同一メーカーが展開する兄弟商品(例 明治のきのこの山とたけのこの里)を1つ選択、兄弟製品を上手に掛け合わせて、一度に販売促進効果を上げようとする、新しいプロモーションプランを考えなさい。考える過程では、きのこの山×たけのこの里、どっち党をテーマにしたプロモーションを参考にすること」 かつどん(浅井、稲村、伊藤) vs つんつん(かれん、ひなこ、寺畑) 〇結果 かつどん97.56 × vs 〇 つんつん 104.22 かつどんは兄弟商品をアーモンドチョコレートとマカダミアナッツチョコレート とし、バレンタインにあなたはどっち派?というイベントを提案した。…