投稿 Posts by: "jubilotte"

新人対抗ディベート@2020年度

新人対抗ディベート試合結果  5/11(月)、5/13(水)、5/18(月)の3日間に分けて、毎年恒例の新人対抗ディベート(通称 春ディベ)3試合が行われました。例年通り2月から2年生はゼミ活動を3年の指導のもとスタートしたわけですが、コロナ対策により、完全オンラインでの準備活動となってしまいました。2年生はゼミに入ったばかりで、お互いのこともわからない状況で完全オンラインでの対応を余儀なくされ、指導にあたった3年も初めてのことばかりでとても苦労したと思います。  本来であれば3月の下旬に行われる春合宿で実施される本試合ですが、春合宿も中止となり、オンライン化への対応(ディベートの形式・ルール設定、またそれに使用するシステムの整備)にも時間を要してしまい、試合実施も遅れ遅れになっていました。  今回、5月の頭と一ヶ月半遅れてしまいましたが、ようやくオンライン(Zoom)で試合を実施することができました。以下試合結果と、参加メンバーの感想をまとめます。  低価格ファストフードチェーンとはこの場合、牛丼チェーンとハンバーガーチェーンを指しています。 この2つの業界が今飽和状態にあり、苦しい現状を打破するためには、既存資源(ブランド認知、顧客資源)を活かした範囲の経済で、高価格帯に打って出るべきだとする肯定側。 一方、逆に顧客が当該チェーンに対して求めるニーズなど、これまで築き上げてきた顧客資源、ビジネスシステムが逆に上方拡張(高価格業態への進出)を困難にする、主張する否定側。  激しい論戦が繰り広げられましたが、証拠の割り付け方、またストーリー展開のスムースさなどで優れていたチームケチャップが見事に勝利を収めました。  第1試合に続き、上方拡張に関係するテーマ。化粧品は、百貨店や専門店で販売されているカウンセリング化粧品(制度品)と、ドラッグストアで販売されているセルフ化粧品(一般品)に分けることができますが、主に一般品を扱っていたドラッグストアがカウンセリング化粧品に進出できるか、ということを議論するお題。 肯定側は、制度品流通と一般品流通を分けていた障壁が、流通系列化の緩みによってより低くなっていくこと、ドラッグストアがメーカーや卸と培ってきた関係性資源を活用することで、カウンセリング化粧品を取り扱うことは十分可能である、またメーカーも百貨店、専門店以外の販路を求めている。そして百貨店にお客を誘客するためのエントリーブランドとしての位置づけもドラッグストアであれば期待できる、という主張を展開。 一方の否定側は、逆にこの流通系列化やドラッグストア、メーカーがたどってきた歴史がこの戦略を困難なものにする(経路依存性)こと、またドラッグストアのビジネスシステムがカウンセリング化粧品の販売と整合性を持たないこと、を理由にこの戦略は実現できないという主張を展開しました。  立論の精度、分析の深さは両チームとも高水準で、試合も獲得票数の差にはわからない逼迫した試合となりました。ただ最近思うのは、わかりやすいストーリーでないとなかなか得点を稼げないという問題で、これは僕らゼミ全体で考えた時には、能力の成長に逆行することであるので、もしかしたらゼミ全体で理論の軽視、複雑な分析に対する忌避感という問題に真摯に向き合うべきかもしれません。  ニトリが、「エヌプラス」というブランドを立ち上げ、低価格アパレルに本格的に参入。このニトリの戦略的判断の是非を問う論題。  論点は、ニトリのSPAで家具を製造するビジネスモデルが果たしてアパレルにも拡張できるのか、という問題と、エヌプラス自体、消費者のニーズを獲得していくことができるのか、という2点にほぼしぼられた。  肯定側は、ニトリの生産・物流・販売で得たノウハウがアパレルにも十分転用できること、競合ブランドと比較した場合、相対的に差別化できているため市場も十分にあり成長できる見込みがあることを主張。  一方の否定側は、アパレルのサプライチェーンをしっかり調べた上で、アパレルのサプライチェーンが有する特徴と、家具のサプライチェーンが有する特徴はずれており、そのまま転用することは難しいこと、そして競合ブランドとの差別化も不十分であることから、現在の規模以上に成長することが難しいという主張を展開。  サプライチェーンに関する深掘りと市場分析でやや優位にあった否定側が試合を有利に進め、そのまま否定側が勝利を収めることになりました。  試合の中でのとりまわし、修正能力を高めることをより意識して今後の試合には臨んで欲しいなと思います。 はじめてのディベート 〜事前準備の感想〜 2年 橋本実侑 初めてのディベートで何もわからない2年生を先輩方は1から丁寧に教えてくださり春ディベを乗り切ることができました。 事前準備で大変だったことは2つあります。…

ハマグリで桑名の魅力を伝えよう!

9月22日、23日の10時〜16時、桑名七里の渡し公園にて、大塚ゼミ3年男子チームが「ハマグリの貝殻を使った体験イベント」を行いました。 桑名市の特産品としてハマグリに注目。そこで普段捨てられるハマグリの殻を有効活用できないかと考え、桑名市観光文化課の方に企画書を持っていきました。 その結果、水辺マルシェで出店させて頂くことになりました。 出店決定後、はまぐりプラザ様に協力頂いて無料ではまぐりの殻を200個ほど頂きました。 いただいたはまぐりの殻で試作品を何度も作り、本番に臨みました。     今回実施したのは、以下の2つの体験型イベント。 子どもたち、ファミリーを中心に2日間でおよそ160人ものお客様に来ていただくことができました。   【体験企画①】ハマグリの殻を使ったキーホルダー あらかじめハマグリの殻に様々な柄の布生地を縫い合わせ、参加者には自分で好きな色のひもを選んでもらい、ボンドを使ってくっつけて完成。 【体験企画②】はまぐりの殻をデコレーション はまぐりの殻に直接自分な好きな絵を描いたり、シールを張ってもらう。   【イベントを終えて】 今回インカレに向けた取り組みとして、桑名市のハマグリを使って桑名市の地域活性化を目的として今回のイベントをやらせて頂きました。 今回の経験で一から形にしていく大変さを痛感しました。今までのゼミ活動で何度も産学連携をやらせて頂きましたが、自分たちで一からやるのは初めての経験でした。そんな中、自分たちのスケジュール管理不足もあり、最初は思い通りに進みませんでした。今までどれだけ恵まれた環境にいたかを痛感しました。桑名市役所様に多くのサポートを頂いたこと、とても嬉しく感じました。チームのみんなや、時にはチーム以外のゼミ生の協力もあって当日たくさんの方に来ていただき、イベント出店という形で終えることができたのは自分たちの自信につながりました。 &nbsp…

[産学](株)ファースト事前見学・講習会

ゼミ選考も一次でノルマの18名を確保、新メンバー(一年生)を迎えての、新年度のゼミ活動が早々とスタートしました。   大塚ゼミでは、昨年度より、この冬の時期に、1年ゼミ生の「導入教育」の目的で、産学連携プロジェクトを4ヶ月から5ヶ月の短期で動かしています。昨年度はNTTタウンページ様にご協力いただき、桑名市や各務原市のタウンページに大塚ゼミが関わったページが掲載されるという成果を無事残すことができました。   本年度は、一年生が18名と多く在籍しているため、2つのプロジェクトを動かすことになりました。 1つが、プロバスケットのBリーグに所属する、名古屋ダイヤモンドドルフィンズ様と連携して、ファン獲得のためのプロモーションを企画、提案していくプロジェクト。もう1つが、サインディスプレイで有名な(株)ファースト様と連携して、サインディスプレイの未来について考えていくプロジェクト、です。   両プロジェクトとも本格的に走り出すのは2月のキックオフミーティングから、になるわけですが、今回(株)ファースト様のご厚意により、12月13日(火)に、(株)ファースト様との連携プロジェクトの事前見学・講習会を開催していただくことができました。   全体説明を受けた後、会場の栄ショールーム(ナディアパーク)を見学、(株)ファースト様が展開する様々な商品の説明を受けました。 1年生にとってはスーツ姿での正式な企業訪問は初めて。最初はだいぶ緊張していましたが、社員の皆様の暖かい対応で、徐々に緊張がほぐれ、活発に質問も出てくるようになりました。   一生懸命がんばる1年生の姿を横目で見ながら、大塚はといえば・・ 「エンタメサイネージ」を先輩学生と楽しく体験。   (株)ファースト様では、サインディスプレイの部材の共通化・標準化を進めており、標準化されたパーツの組み合わせで様々な形状のサインディスプレイを実現する手法をとっているとのことで、サインディスプレイを見る眼が明らかにかわりました。 単純なようで、すごい。興味深い研究対象だなあと思います。   1年生たちも、しっかりメモをとっていました。今回の事前見学会・講習会は、「サインディスプレイの未来」について考える様々なヒントを得る機会につながったことでしょう。  …

[結果]2016年度後期活動報告

2016年度後期の活動報告です。 後期はプレゼンコンテストならびに対外試合の双方について、目立った成果を残すことができませんでした。   大塚がサッカーチームの監督であれば、確実に更迭されているレベル(笑)です。 痛烈に自らの責任を感じております。   学年別に、後期に挑戦した大会・コンテストの結果について以下まとめていきます。   [3年生] 西日本インカレ(大阪経済大学) 予選敗退 日本学生経済ゼミナールプレゼン部門予選(山口大学)予選敗退   3年生が取り組んだのは、コミュニティバスを交通弱者のための交通手段としてのみとらえるのではなく、住民が地域に対する愛着を高めるためのツールとして使用することを可能にする、そのための手法を探る、といったテーマの研究でした。 アンケートをしっかりとって統計処理を行い、日進市の地域ごとの差異をあぶりだした点、テーマの着想のユニークさは評価されたものの、ストーリー展開の論理破綻をつかれそこに発表時間のオーバーも重なり、あまり高い評価を得ることができませんでした。 今回使った手法を来年度も応用して、もう少しブラッシュアップすることで、3年生の努力を将来の成果にきちんとつなげていきたいと考えています。   なおこのグループ研究の途中でできあがった成果物である、くるりんバスのコース別マップはクライアントである日進市役所様から高い評価を得ることができたのでその点で本当に救われたと感じています。   [2年生] 東洋大学菊池宏之ゼミ、明治大学菊池一夫ゼミとの秋の定期対抗戦…

[試合結果]ディベート王2016最終戦(コメント追加)

9月18日(日)、ルネッサ赤沢@伊豆高原にて、大塚ゼミ部内トーナメント「ディベート王決定戦」の最終戦が行われました。 試合結果は以下の通りです。 ※上のチームが肯定側、下のチームが否定側です。 最終順位は以下の通りです。 1位 富士ぽん ・先輩のコメント ディベ王優勝おめでとう! 最終戦、二年生が自力でたてた立論で勝てたことがなによりも嬉しいです。 最後まで頑張り尽くす成長した姿を、一番近くで見ることができて感動しました(;o;) あんなちゃん・ゆいちゃんとチームを組めて先輩後輩関係なく議論したりと刺激を貰えたし、なにより楽しく3試合過ごすことができました! ディベ王お疲れ様でした。 本当にありがとう! この経験を活かして これからも頑張ってね!! ・2年のコメント 優勝ありがとうございます! 最後まで、チームで走り切ることができたのを嬉しく感じます。 議論することの楽しさ、本質が見えたときの嬉しさ、こんなに生き生きとしたディベート期間を送れたのは初めてでした。 またこのディベ王の期間で、先輩方から様々なことを学びました。 教えていただいたことを忘れずに、先輩の素晴らしいところのマネをしてちゃんと自分のものにしていきます。…

Spo-tai 2016~スポーツ大会☆秋

大塚ゼミ恒例のスポーツ大会☆秋が、今年も10月7日(金)15時~18時、名古屋市稲永スポーツセンター第二競技場にて開催されました。   今年も競技はバドミントンとドッジボール。次は卓球なんかやっても面白いかもしれませんね・・・。 大塚も楽しく参加 しかし、加齢による反射の遅れは否めません。 下の写真、センターが3年キャプテンのみき。本人曰く、かなり上達したらしいですが・・・・。   笑顔がさわやかな、よっしー(2年)。元テニス部は伊達ではありません。バドミントンも上手でした。   女性陣も素敵な笑顔。1つのコートに3対3という変則な形でのんびりバドミントンを楽しんでいました。 多治見高校野球部出身のみずの君。運動神経抜群です。でもシャトルは似合わないかな・・。ガタイ良すぎて。 ヨット部出身のはやた、華麗な野球打ち。野球のフォームでシャトル上手にうてるかというと・・・・・   オープンゼミの準備などで、頭を使う日々をすごしていた2年生にはいい息抜きになったようで、みんなすっきりした表情で帰途につきました。 3年生と大塚はグループ研究の打ち合わせのために大学へ。オンとオフの切り替えをしっかりやるのもうちのゼミのカルチャーです。 コンテストや対外試合など大事なイベントが続く「勉強の秋」。みんなで協力して乗り切っていきましょう。 &nbsp…