企業連携

大塚ゼミでは、通常授業で学んだ「専門知識」と、部内ディベート、プレゼンで鍛えた「コミュニケーション力」を活かす場として、「産学連携プロジェクト」に積極的に取り組んでいます。これまでの活動によって培われた「産学連携」の豊富な経験と、多くの企業様との「絆」が、大塚ゼミの大きな「強み」です。

 

vo36_ph03
2014年度は、名古屋木材株式会社様と連携、名古屋木材株式会社様独自の圧縮成形が施された木材を活かした商品開発プロジェクトに取り組みました。
愛知淑徳大学の「AS(あす)」と、名古屋木材株式会社様の「和む」を掛け合わせた「あすなご」ブランドのしおりを開発。
ビジネスメッセ「メッセナゴヤ2014」にて実際に販売活動を行いました。
本プロジェクトの内容は、調査研究の形でまとめられ、「名古屋マーケティングインカレ」で発表、最優秀賞を受賞しました。

IMG_3711また3年生の別の研究グループは、大和屋守口漬総本家様と連携、守口漬の販売量をさらに増加していくための戦略提案を行いました。
62パターンの食べ合わせを自ら試食、守口漬を紹介する外国人向けリーフレットの作成など様々なプランを実施。泥臭く意欲的な調査内容は、「名古屋マーケティングインカレ」で評価され、優秀賞に入賞しています。

PageLines-image.jpg2015年度は、(株)デンソーコミュニケーションズ様と連携、志摩の観光需要を高めるための戦略提案、安城市のカーシェアリング事業「きーもび」の普及活動サポートといった活動を行いました。

また、2月〜3月の短期ではありましたが、NTTタウンページ(株)様と、タウンページの魅力を向上させるプロジェクトを立ち上げ、岐阜県版(各務原)、三重県版(桑名市)のタウンページコンテンツ制作に取り組みました。

 

 

2017年度は、Bリーグに所属するダイヤモンドドルフィンズ様の観客数アップに向けたプランの企画立案、実施に取り組みました。中間報告、最終報告を経て、

①ドルフィンズレッドに染まるトマトジュレ、名古屋グルメの代表である名古屋コーチンをベースに使ったコーチンプリンを、中村区の洋菓子店とコラボで製作、ダイヤモンドドルフィンズの試合会場(レディースデー、スイーツデー)で販売。

 

②連携先の1つである笠寺観音商店街の夏祭り、冬祭りでバスケット関係の子供向けゲーム(ナインゴールバスケット)を実施、ドルフィンズ様のノベルティを景品で配布。

 

 

③選手の人気アンケートを会場でとり、その結果に基づき、人気選手のインタビューを実施、それをまとめたリーフレットを作成、配布。

以上3つの企画を実行、貴重な経験を積むことができました。

 

 

 

 

 


2018年度は、ジェットスター様&セントレア様と連携、中部国際空港から海外に旅立つ若者が他地域に比べて少ないといった課題に悩むセントレア様と、格安航空ジェットスターの認知を向上したいというジェットスター様との連携で企画を立案、いまその一部を実行にうつすべく、担当の白石、石黒がライフワークで取り組んでいます。現在作成中のサイトでは、「旅診」というジェットスター様がHPで展開している心理テストの内容を若者向けに刷新した心理旅行診断「たびごころ」そしてセントレアの紹介記事のアップが鋭意続けられています。2019年夏には公開予定!

なお本企画は、星が丘自動車学校様とも提携、サイト完成の暁には、プロモーションにご協力いただく予定となっています。

また、3年のプレゼンコンテストに応募する1チームが、小牧市にある佐藤食品工業(株)様と連携、栄養豊かな野菜スープ「ベジチャージ」(のちに「ベジパワー」に名称変更)を開発、販売。その経験を西日本インカレで発表、予選を突破、数年ぶりに西日本インカレの本選に進みました。

 

 

 


2019年度は、サインディスプレイのパイオニア、(株)ファースト様との連携プロジェクト、デンソー×中電不動産が主催する「鳴海のまち」アイデアコンペに参加、の2つが動いています。

 

大塚ゼミで行う「企業連携」の最大の特徴は、
(1)企業連携で得た「経験」を、しっかりと調査研究の形にまとめることで、「見える化」を行っておくようつとめています。
(2)「学生だから」といった「甘え」から卒業できるよう、真剣勝負を常に心がけています。
(3)企業連携を行う場合、企業に完全丸投げしてしまうこともあるようですが、大塚ゼミの企業連携では教員が
しっかりと寄り添い、側面からゼミ生、協力企業様を全力でサポートします。
という点にあります。

ビジネスの世界でも「MARKETING & INNOVATION」の実践に泥臭く粘り強く挑んでいきます。

関連ホームページ
愛知淑徳大学 活動情報サイトAS LIVE!
「ジェットスター・ジャパン×セントレア×愛知淑徳大学大塚ゼミ 産学連携プロジェクト 最終報告会」
https://www.aasa.ac.jp/live/pursuit/003983.html